FC2ブログ

プロフィール

gaschan

Author:gaschan
生活自立安定のための自分年金の確保を勉強中。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


タブメニュー

読み込み中...
powered by syany

FC2カウンター


フリーエリア

>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
極右軍国主義の情報統制中国共産党は悲しいかな一党独裁維持の為に反日偏見教育で内部矛盾を解消しようとする。

敗戦下の憲法の下での曲りなりの解釈で自衛隊で装備しても決定的な抑止力にならない。日本の最新鋭の自衛隊の装備でも隣国は脅威を感じないわけだ。
隣国は日本の日米安全保障体制に頼っての立ち位置を見越してアメリカの出方を見ながらちょっかいを出してくる。

悔しいかな中国も北朝鮮も韓国も軍事バランス上はアメリカに向いて話をする状態。

最近の中国の急激な軍事力拡大と隣国に対する横暴さにアメリカも一言言っとかないといけない時期に来たと思ったのうだろう。
米国務省米軍制服組トップのデンプシー統合参謀本部議長が25日北京で習近平国家主席や中国軍首脳らと初会談した際に「力には責任が伴う」と伝えたことを紹介。東シナ海や南シナ海で周辺国を脅かす行動を取らないよう中国に求めたとか、また米国務省報道官のベントレル報道部長が24日の記者会見で、中国の新疆ウイグル自治区での衝突で21人が死亡したことに「深い懸念」を表明したなど最近頻繁に中国の悪乗りに釘をさすようになった。

日本も最低限の防衛軍備は勿論、食料・エネルギー等自立させ国家の安全保障体制を築くべきだ。
今のままではアメリカが日本との距離を一歩置けばたちまち無力な極東の孤島国家で隣国の脅威に怯える小国でしかなくなる。

平和ボケ国家の日本。自前の国家安全保障について性根を入れて教育からやり直す時期に来てるな。


スポンサーサイト

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。