FC2ブログ

プロフィール

gaschan

Author:gaschan
生活自立安定のための自分年金の確保を勉強中。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


タブメニュー

読み込み中...
powered by syany

FC2カウンター


フリーエリア

>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日の日経新聞の2ペーシの「゙風見鶏」の記事を読んで。
 
それによると。
自民党の混乱ぶり招いた機能不全症候の原因を二点を指摘していた。
一つは「国の基本戦略を描く能力」の欠如。
以前は野党との駆け引きだけでなく中長期のビジョンを詰めていくシステムがあった。
重大な政策決定では党執行部が官僚と連携し、長老議員の権威も借りて着地点を探るやり方があった。
もう一つは「リーダーを育て、選ぶ能力」の欠如。
かって派閥が担った人材の育成や登用という機能を党本部が引き継がないまま、「手腕よりテレビ映り」を重視する傾向が強まった。
と書いていいる。

上記の「大物議員と官僚機構と連携して」が問題なのである

「連携して中長期ビジョンを詰めていく」と官僚の生き残りの戦略にはまってしまって現在ができてしまったのである。確かに大物議員の手腕でリーダーシップを発揮できればダイナミックに国は動くが負の遺産まで作ってしまったのである。その負の遺産製造の構造を残すか断ち切るかの瀬戸際に今の日本は立たされているということに国民は気付かなくてはいけない。
もう一つの「リーダーを育て、選ぶ能力」の欠如は、いわゆるマスコミ受けのよいうわべの受けや派閥均衡の力学とかに期待した結末である。二世議員だろうが三世議員だろうが関係ない。本人の手腕、能力、哲学、気力諸々の政治家としての資質を見抜き引っ張り上げる長老がいなかったのだと思う。

今、国民が求めているのは、中長期のセーフティーネット構築による国民の将来生活の安定化と国、地方の税金食いつぶしによる借金体質からいかに決別しそれに匹敵する国民金融資産をいかに活かし貿易立国日本の外需頼みの依存体質だけでなく内需の拡大を図ってこの不況からいち早く脱却できるかの国会論争を求めているのである。

後藤新平の「金を残して死ぬものは下」にならぬよう生きているうちに有効に使ってもらえるよう相続税率の大幅アップと生前贈与税率の大幅ダウン、投資減税などのセットメニューなんていいんじゃないか。
官僚の「天下り」「渡り」や「成金」の富裕層の資産が一挙に動いてくる。

1500兆円の個人金融資産の中高年層所有部分が動き出すとすごいぞ。


政治はタイミングだ。

アメリカの負の遺産を肩代わりさせらる前に早く行動せよ。

ブログランキングに参加しています。興味あったと思われたらクリックお願いします。
     ↓
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gaschan.blog121.fc2.com/tb.php/15-ac8fe046

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。