FC2ブログ

プロフィール

gaschan

Author:gaschan
生活自立安定のための自分年金の確保を勉強中。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


タブメニュー

読み込み中...
powered by syany

FC2カウンター


フリーエリア

>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
早速の官僚の抵抗だ。
人事院の谷総裁が内閣人事・行政管理局への移管をめぐって行革本部の会合をボイコットした。
官僚独特の論理で法の趣旨に反しているとか、自分たちの権益の保守的発想しかなく身を切って国の将来の為という哲学が見られない。
消費税増税は景気回復と行政改革の後だ。
甘利行革大臣がんばれ。当初は行革を本気でやる気があるのか見くびっていたが、ここ一番だ突き進め。やったら見直す。

ずっと言い続けていることだが行政改革すれば税金が生きる。改革しなければ税金が死ぬる。

単純なる公務員の数や単位当りの公務員の数の多い少ないではない、いかに税金をうまく生かしているかだ。
税金総額に対していかに日本の現在・将来に対して付加価値を生み出しているかだ
国民は公務員にやらなくてよいことまで仕事はして欲しくないのだ。国民も何でもかんでも行政に求めてはいけない。

公務員も同じ労働者に違いは無い。聖域を作ってはいけない。

日本の個人にかかる税金の最高税率は決して低くないデンマーク、59%、スウェーデン55%、オランダ52%につぐ50%だ。そのわりにセーフティーネットが充実しているという感覚は全く無い。

どんどん無駄に使われているのだ。セーフティーネットが出来てれば内需も拡大するが過去の政治行政の空白がそれを阻害させている

100年に一度の不況が襲ってきている現在、待ったなしだ。外需に頼ってきた日本は更なる円高に見舞われ税収激減もありうる。次々年度は国家予算が建てられるのだろうか。かって日本が勝手にやった不動産バブルと違って今回はアメリカの不動産バブルでもサブプライムローンだけでなく、保証を付回した他の金融商品とごちゃ混ぜにして(くそも味噌も一緒にして)世界にばら撒いた新型インフルエンザのようなものだ。無茶苦茶なレバレッジを利かしたバブリーな金融がはじけた後の異常な経済収縮は想像を絶する。

日本の国・地方の借金時計は恐ろしいほどの勢いで増え続ける。国債も地方債も調達コストが急上昇。公社債の下落が襲ってくる。公共も信用が無くなっていく。

国の借金のツケは国民の預貯金(1500兆円)で棒引きになるように仕組まれる。
赤信号、皆が渡れば怖くないなどとは言っていられない。


ポチットお願いします。
   ↓

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gaschan.blog121.fc2.com/tb.php/21-0665e238

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。