FC2ブログ

プロフィール

gaschan

Author:gaschan
生活自立安定のための自分年金の確保を勉強中。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


タブメニュー

読み込み中...
powered by syany

FC2カウンター


フリーエリア

>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GMの破綻記事を見ていると、ついつい日本の現状と見比べてしまう。
あまりにも酷似していると思うのは私だけだろうか。
膨大な借金と債務超過など、古い体質から脱却でき無かった事により今の結果をもたらされたわけだから当然だ。
GMと日本を照らし合わせてみると、
燃費の悪い大型車偏重=大企業優先の赤字国債によるばら撒き予算。経営者のおごり=政治家・霞ヶ関官僚のおごり。全米自動車労組(UAW)の台頭=役人の台頭、既得権益の死守。
まさに20世紀型の象徴であった。


結果としてGMは資産7.8兆円、負債総額16.4兆円で破産法11条申請(民事再生法)=国と地方の借金830兆円、債務超過280兆円の日本国家はどう対処するのか。
GMも日本もメリハリの利いた選択と集中の欠如がこうさせて来た.。

再建策として、GMは工場閉鎖=日本国は出先機関(二重行政)の廃止、地方への権限財源移譲。同じく従業員削減=公務員数削減。天下り、渡りの廃止。税金の無駄遣い廃止と税金の使途配分の徹底的な見直し。
日本は出来るのか。

日本国は民事再生法ではなく政権与党の交代を含む会社更生法の適用が必要である。

GMは借金の棒引き、株式割り当て=債務超過の日本は将来の子孫にどう言い訳するのか。国民の資産1430兆円でもって張消しにする手立てか。

万年赤字の税金の使い方をする国家を国民は許すのか。

改革を阻んだツケは国際社会の激変で一挙に表に表れてくる。


ポチッとお願いします↓
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gaschan.blog121.fc2.com/tb.php/46-ce9d8a7b

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。