FC2ブログ

プロフィール

gaschan

Author:gaschan
生活自立安定のための自分年金の確保を勉強中。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


タブメニュー

読み込み中...
powered by syany

FC2カウンター


フリーエリア

>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
若手改革派の皆さんこのまま下野を覚悟して自民党にすがって行くのですか。

地元選挙区の有権者は今までのような投票行動に出ません
後援会に加入し名前には連なっていますが、今までのようには投票しないでしょう。こういう気持ちの有権者が増えています。
与党自民党は改革逆行に踏み出しているからです。官僚内閣主義に押し戻され、政治家としての主導権を果たせ無くなっていることがモロに証明されつつあることを有権者は見ています。

官僚に迎合しなくては内閣が保てないのですか。総理大臣や閣僚がコロコロ変わるようじゃ政治が出来る訳ないです。
官僚に足元を見られているんですし益々頼らざるを得ないわけです。
大臣がよく変わりますが内閣総辞職はいろんな力が働いて行われるのでしょうが、そもそも辞職せざるを得ないほど能力がなかったということです。余人をもって変えがたい人物になっていなかったわけです。能無しだったという負い目を感じてほしいですな。ぬくぬくと責任も感じずに議員バッジをしてほしくないです。

大臣というトップは自分のブレーンを引き連れて省の事に当り3~4年は勤め成果を挙げその道のスペシャリストになって官僚を睨み付けてほしいですな。
官邸の意向に背けば首が飛ぶくらいの緊迫感、官僚旧守派がピリピリするぐらいの大物になってほしいです。
小池百合子議員が防衛大臣の時、不祥事も有って事務次官を首にしたことがあったがそのときでも官僚の相当の抵抗があった。

不祥事はもちろんのこと内閣の意向に背く高級官僚はぶった切るくらいの気概が要りますな。民間企業ならトップの方針に背けばその取締役とその派閥は冷や飯の世界です。

官僚の世界では官僚支配の為の抵抗・死守に明け暮れ居座りひいては「天下り」と「渡り」の横行と別世界です。

この流れを断ち切るのは若い改革派を自認するあなたたちですぞ。このまま自民党の中にいて叫んでも改革は出来ません。トップはやる気がありません。日本を変えてください。  

 Yes, we can or no, we can't.    Which?
 But we have to do.   Show courage.


ブロクランキングに参加しています。少しでも共感された方はクリックお願いします。
     ↓
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gaschan.blog121.fc2.com/tb.php/9-717d2361

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。